MENU

教えて! ないとうさん! マジメでシュールな問答集

  • ないとうさんに質問する
  • Q.自己分析の必殺技はなんですか?

    ないとうさん

    Q.自己分析の必殺技はなんですか?

    A
    自己分析の目的とは、「自分の長所をさがす」ことではなく「自分って何者なんだろう?」という気持ちで挑もう。その結果と企業研究の結果を合わせてすり合わせるのだ。

    自己分析のイメージは「笑って○いとも!」の話をよくします。終わっちゃったけど。
    これは「ゲスト」に「司会者」(タ○リさん)が質問をして、この人こういう人なんやで~、と「観客」(視聴者)に伝えることが目的。
    自己分析に重ねて言えば、ゲストも司会者も視聴者も自分が行うだけのこと。
    「自分」に「自分」が質問をして、「自分はどういう人なんだろう」と「自分」に伝えるということですね。
    ムリに自分の長所を探すとか、そういうことに傾倒しないで、素直な自分を見据えて、「特徴」と「具体的なエピソード」をつなげて考えると良いと思います。
    もちろん手法は色々とありますが、決まった軸にとらわれるよりは「楽しんで」やるほうが自分がよくわかると思っています。
    自己分析 | 2016.09.30 08:00
  • Q.今考えている企業が、去年は1人しか採用していないんです。

    ないとうさん

    Q.今考えている企業が、去年は1人しか採用していないんです。今年は厳しいでしょうか。あと、事務職じゃない仕事で採用して欲しいんです。企業に直接質問してもいいんですか?

    A
    まず今年は厳しいでしょうか、という話に関しては、なんとも言えません。まず、どこの会社もわからないので…。
    事務じゃない仕事で採用して欲しい、企業に直接質問しても構わないか、ということですが、むしろ、こういったキッカケを利用して積極的に企業に質問をするべきだと思います。情報が少ない事に悶悶とするよりも、情報をとりにいったほうが手っ取り早いです。
    失礼になるかも・・・と心配になるかもしれませんが、その会社がある程度定期採用をしているようであれば、失礼でもなんでもありません。
    就活全般 | 2016.09.29 08:00
  • Q.就職活動にも運は必要だと思いますか?

    ないとうさん

    Q.就職活動にも運は必要だと思いますか?

    A
    端的に答えるとYESだと思います。運も実力のうち、というもっともらしいごまかしではなく、運をどういったタイミングで発露できるのか、がミソです。宝くじを考えてもらえればわかると思うのですが、どれほど運のいい人であっても、宝くじを買わなければあたらないのですね。運というのは、その運を使うためのチャンスを逃さないようにする、バックボーンとなる行動力がセットです。50%の確率で勝つ運試しゲームがあったとしましょう。2回しかやらなければ1回しか勝てませんが、100回やれば50回勝てるかもしれません。勝率は変わりませんが、勝ち星が増えるのですね。先の宝くじと同じ話です。まずはその運を使うチャンスを引き寄せることが大事だとみます。蛇足ですが、ツキの語源は「憑く」だとする説があります。狐憑きとかのあれですね。人間、いきなりわけがワカラナイ状態に突入して、予想外の成功を収めることも多々あります。それを期待するのもいいのではないでしょうか。楽観的無責任も時には大事です。責任はとれませんが。
    就活全般 | 2016.09.28 08:00
  • Q.趣味が無い、または少ない

    ないとうさん

    Q.趣味が無い、または少ない(スノーボードなど期間限定の趣味しかない)場合、特技や趣味の欄はどのように埋めれば良いでしょうか?

    A
    まず、期間限定かどうかは問題ありません。プロ野球選手がシーズンオフの時も無職でないのと同じです。趣味が無い、という話を時々来ますが、それは自分がそれを趣味だと認識しているかどうかの差だと思います。休みの時に何をしているか、何を考えているか。ぼーっと考え事をしているなら「趣味 思索」でも構わないんじゃないでしょうか。評価されるかどうかはわかりませんが。

    履歴書に記入するとなると、大仰に構えてしまう事がありますが、このあたりは素直に書いても良いと思います。「お、君の趣味はスノーボードか、よし、内定」という可能性はゼロに等しいです。大事なのは趣味が何か、ではなく、その趣味を通じて何を学び、どのような成長があったか、でしょう。たぶん。
    自己PR | 2016.09.27 08:00
  • Q.学校で勉強したことは社会では全然役に立たない、と言われた。そういうもんですか?

    ないとうさん

    Q.学校で勉強したことは社会では全然役に立たない、と言われた。そういうもんですか?

    A
    僕はかつて塾の先生をしていたので、そういうセリフを聞くとなんだかちょっと悲しいです。
    社会人になると、学校教育で教えられたことよりも多くのことを勉強する必要があるので、そう思うだけではないでしょうか。ただ、学んだことが活かせるかどうかは職種や企業によるでしょうし、学んだことをどうやって活かすかは、各個人の努力と記憶と執念によるでしょう。
    手元に一万円しかないから家が買えない、この一万円はムダだ、とは普通考えません。家を買うために、元手の一万円をどうやって増やしてやろうか、が建設的に前向きです。金も知識もつかいようなのでしょうね。
    あと、その発言をした人が、そもそも学校での勉強をちゃんとしたのか、という検証も必要ですね。
    仕事全般 | 2016.09.26 08:00

ページトップ