MENU

スタッフBlog ぽくぽくりくりく

  • 美しく、散った

    たけうち
    またまたW杯の話題で失礼します。多分、ちょい長めです。

    ロシアW杯決勝トーナメント1回戦、日本代表の試合は…27時?明け方3時?

    寝るの?寝ないの?
    観るの?観ないの?

    そうやって盛り上がった人たちも多いはず。

    いやー、残念でしたね。日本。

    ワタクシ、不届き者なので、
    翌朝健康診断があることもあって諦めて寝ておりました。

    ふと目を覚まし、時計を見ると「4:45」。
    スマホを見ても、アプリでニュース速報は入っていない。

    恐る恐るネットで調べると、

    「2-2 後半44分」

    えっ

    これは今からでも見なきゃ!!

    眠気は一瞬でどこかへ、気付いた時にはテレビにかじりついてました。


    試合の流れは分からないものの、
    とにかく大盛り上がりであることだけは分かる。
    大健闘していることだけは分かる!!

    「がんばれ日本!」

    騒ぐと色々面倒なので、心の中で叫ぶ。
    この間数分。

    延長になれば…PKになれば勝てるかも…と、淡い期待を抱いていたら…



     日本、まさかの失点



    崖の淵が崩れ落ち、かろうじて片手でぶら下がり、
    救助のヘリが見えてきた。
    あと少しで、とりあえず一命は取り留めそうだ。

    あと少し…

    とその瞬間、ふわりと現れた冷酷な悪魔が崖をつつき、
    全てが崩れ落ちる…



    そんな感じでしょうか。

    いや、何か大切なものを弓矢で射抜かれたような、
    そんな表現の方がしっくりくるかな。

    Twitterなんかで一部騒がれているようですが、
    『自分が観ると負ける』
    を見事に達成してしまいました…。ごめんなさい日本代表。

    最後のベルギーのカウンターは、絵に画いたような理想の形でしたね。
    ラストパスをスルーされた瞬間、日本中のサッカー経験者や
    ちょっとサッカーを知っている人は凍りついたことでしょう。
    「終わった」と。

    そして、ゴールネットが揺さぶられた瞬間、
    観戦していた日本人の多くは
    「息の根を止められた」ような衝動に駆られたに違いない。。



    いやー、悲しい結末ですね。悔しい。

    でも、監督交代のことだったり直前では勝てなかったりで、
    正直微妙かなと思って始まったW杯も、やはり勝ち上がると盛り上がる。

    日本国中が1つになったとは思わないけど、各地での大きな盛り上がりを見せたり、
    一喜一憂しながら1つの目標(勝利)に向かって応援する姿は、
    本当に素晴らしいと思いました。

    まさに「感動をありがとう!」「勇気をありがとう!」ですね。

    もちろん勝ち進んで、もっと試合が見たかったという人は多いですよね。
    僕ももちろんそのうちの1人です。

    ただ、2-0からのリードから3点の逆転負けは、
    もちろん悲劇ではあるものの、
    個人的にはとても美しいように感じました。

    映画になるようなストーリー。
    全力で戦い、その結果、散った。

    とっても儚く、でも、なぜかそこには美しさがあると感じています。

    変かな?



    「悲しい」「悔しい」は変わらないですが、
    何か前を向いて生きていくことができそうです。

    がんばっていきましょう!
    フリーテーマ | 2018.07.03 07:00

ページトップ