MENU

スタッフBlog ぽくぽくりくりく

  • 社会人失格。。

    どうおん
    しばらくブログの更新を怠っておりました。。お久しぶりです。

    自己管理が不十分、ということで社会人失格のレッテルを貼って下さい。すいません。

    という訳で来週からきちんと書きます。(水曜日、アラーム設定しました)



    皆さんは「自己管理」いかがですか?

    ちょうど今、試験期間中の方もいると思いますが、勉強は進んでいますか?
    インフルエンザで学級閉鎖というニュースも出ていますが、体調管理はできていますか?


    『時間』 

    『体調』

    は、自分で管理できるものですね。


    就職活動を本格的に進めていくと、
    授業やプライベートの用事と両立させつつ、
    「あの会社の説明会にも行きたい…」「面接日程が重なった…」などなど、
    予定が重なることもあると思います。

    そこで問われるのは、「管理能力」。


    優先順位をどうつけていくか、
    重なった予定を電話をして、キャンセルする、あるいは日程変更をお願いするか、などなど

    働き始めると当たり前にやることも、振り返ると、就職活動の時に初めて行った気がします。


    おすすめは、
    ・書き留めること。
    ・朝や夜など、段取りを考える時間を取ること。
    ・納期までではなく、前もってやること。

    あとは、
    ・失敗しながらお詫びをして、振り返って次同じことを繰り返さないように対策を考えること。

    あたりでしょうか。

    意識すると行動は変わるものです。(しばらくすると習慣になります)



    珍しく今日の富山は青空の快晴!
    こんな日は出かけたくなりますが、午前中までにやると決めたことをまずは終わらせねば・・・!



    フリーテーマ | 2017.01.31 12:30
  • 歌詞を前向きにとらえる。自分に都合よく。

    たけうち
     " ただ 目の前に並べられた仕事を手際よくこなしていく
      コーヒーを相棒にして "

    手際よく仕事をこなしているかどうかは別として、
    実際相棒は確かにコーヒーです。

    さて、上記はある曲の歌詞の一部です。
    アルバム収録曲ですが、割とメジャーで、
    社会人向けのメルマガでも結構な頻度で目にするフレーズだったりします。



    1年半くらい前でしょうか。

    ミスチルのWALTSという曲の歌詞が、『就活生殺し』だとちょっとした話題になりました。
    歌詞の一部を引用すると…



     " 「光」「夢」「微笑み」さようなら
      「闇」「絶望」「悲しみ」こんにちは
      商品に適さぬと はじき落とされて
      ベルトコンベヤーからのスカイダイブ

      1人そしてまた1人 はじかれて
      繰り返される審査(テスト)に離脱者は増える
      ショーウインドウに並ぶのは一握りだけ
      指をくわえて見てる なんか嫌

      いやもしかしたら ここの列の方が
      選ばれし人の流れか?
      そんな訳ゃない 自分が良く分かってる
      嘆いて 泣いて 疲れて 眠って

      要求に併せて変えられるスタイル
      柔軟なところが長所さ 履歴書のとおり
      違い視点で見れば自分がないだけ
      そこを指摘されりゃ 異論はないや
     
      ・・・(続く) "


    確かに、一連の就活に置き換えた時に、当てはめることができそうな言葉が並んでます。

    就活がうまくいってない人が歌詞に共感してしまうのかも。

    でも、厳しい話、意欲的に積極的に、自発的に考えて行動していると、
    そうならないような気もしてしまうかな。。

    近年の「100社エントリーしました!けど、どこも受かってません!」なんかは、
    下手な鉄砲の数を撃っているだけという気もしてしまいますよね。
    『保育園落ちた日本死ね!!』とは、全く別次元の話。

    そんな他責の念にかられている学生たちは、当然ながら二進も三進もいかなくなり、
    とにかくそれでもどうにかしなければいけないという義務感だけを背負い、
    また興味の無い企業にエントリーをしたり選考へ繰り出したり。
    そんな負の連鎖を曲にしているように思えます。

    個人的な意見ですが、

    『就活なんて全て理想通りに進むはずがない』
    『行きたいところに行ける人はほんの一握り、
     せめて少しでも近いところへ行けるようにがんばろう』
    『少しくらい人より時間がかかっても、諦めなければ必ずなんとかなる』

    と思っています。

    いづれ結果が全てにはなってしまうでしょうけどね、
    その頃、笑って就活が振り返ることができるよう、
    楽しく前向きにいきたいですねー。

    さて、上記WALTSとは逆に、元気が出る系の歌詞シリーズ。



     " 等身大の自分だってきっと愛せるから
      最大限の夢描くよ 例え無謀だと人が笑ってもいいや "

    今更自分という人間を激変させることはできないかもしれないですが、
    等身大のそのものをまず認めてあげたいですよね。
    自分が認めないことには他人からはなかなか認められないかもしれない。
    そして、周りがどう言おうが、自分が思うことを一生懸命にがんばってほしいものです。



     " 何度も手を加えた 汚れた自画像にほら
      また12色の心で 好きな背景を描きたしていく "

    自画像が汚れているとは思う必要もないですが、
    確かに背景は描きたしていける。
    将来どんな背景の中に自分を立たせることができるかは、
    今からの努力次第なのかも!



     " 悩んだ末に出た答えなら 15点だとしても正しい "

    悩めたことがすばらしい。考えないよりよっぽどいい。
    一生懸命頭を使った結果なら、それを肯定してみようよ。



     " もがいてる 将来有望な僕らがいるよ "

    最後はこれですね。
    そう信じてがんばってみればいい!!



    感受性は人それぞれ、もっともっと紹介したいものはありますが、
    まずはこの辺で。



    ちなみに、最近の曲は分からない!!
    もっと聞いたことあるやつにしてよーって思われたかもだけど、
    自分の経験からでしか書けないのです。。察してね(ToT)
    就活アドバイス | 2017.01.31 09:22
  • 失念しておりました

    たけうち
    気付けば火曜日になっていた。。

    月曜担当の竹内です。
    ブログの更新を失念しておりました。。
    申し訳ございません。



    社会人になると、今まであまり耳にしなかったようなビジネス用語がたくさん飛び交う。
    という職場も多いはず。

    「すいません、忘れてました!」

    ではなく、

    「大変申し訳ございません、失念しておりました」

    的な感じね。落ち着きのある、余裕の対応的なね。



    上記はおそらく、というか普通に正しい使い方だけど、
    ビジネス用語というよりはオトナ語として、不思議なものもたくさんあったりします。



    例えば…思い付きで書くと

    チョッコーチョッキ → 直行直帰、自宅から会社を経由せず商談先へ行ったり、
                そのまま会社を経由せず帰宅すること
    なるはやで → なるべくはやくお願いしますね
    メール投げておいて → メールを送るという普通の意味。じゃあ普通に言えよっても思う
    お世話様です → お世話になっております、の簡略系と勘違いしがちだけど、
              これは上から目線の『ご苦労さん』の意味合い!個人的には絶対に使わない
    ググる → ネット用語からきてる?グーグルで検索するということですよね
    wikipedia先生 → 何でも載っているwikipediaはとっても頼りになるという意味で、先生
    テンカイする → 展開する、要は社内に広げてみんなに知ってもらう的な

    などなど。

    あとは、カタカナが好きだったりするよね。

    コンセンサス、アグリー、ブックする、○○マター、ブレスト…
    まだまだあるよ。
    アライアンス、スキーム、デフォルト、バッファ、アセスメント、ペンディング。

    ま、僕もそこそこに使ってると言えば使っているので、何とも言えないですが、
    社会人になると、新しい用語は色々と知ることになりそうですね。
    しっかりついていかないとね。



    ちなみにさっきの『お世話様です』で思ったんだけど、
    「お疲れ様です/ご苦労様です」の違いは明確で、

    ご苦労様です : 目上から目下に対して使用可
    お疲れ様です : 同等、もしくは目下から目上でも使用可

    です。

    学生のみなさんが社会人と接する機会がある際、
    『お疲れ様です』は全然使ってOKなんだけど、
    『ご苦労様です』は基本的に絶対使っちゃいけないね。



    あと、JJC社内を見ていると、
    行き先を記載するホワイトボードは結構簡略化された書き方が多かったりするかも。

    例えば、人材情報センターならJJCと表記するように、
    ○○銀行なら○○BK、
    ハローワークならHW、みたいな。

    沢山あるんだけど、リアルな社名ばかりであることにここまで書いて気付いたので、
    書けなくなった…。もどかしい。。

    そんな中、「帰社時間」を記載する欄に、『NR』と書かれていたことが。

    NR??

    No Return(直帰)だそうです。

    分かるかな?
    僕は最初は分かりませんでした。。

    色々あるねー。
    フリーテーマ | 2017.01.24 09:46
  • 節目を乗り越える

    たけうち
    昨日一昨日はセンター試験でしたね。

    人によってそれぞれではあると思いますが、
    個人的にはセンター試験はその後の人生を大きく分けた
    節目であったように思えます。

    当時僕の場合は、将来というか、その後をとっても安易に考えていました。

    一応の志望校はある。
    でも、センター試験の結果次第。
    奇跡が起こって上手くいったら、ここを狙おう。
    失敗したら、ここになら行けるかな。
    そんな感じ。

    一貫して考えていたことは「とにかく一度、実家を出たい」ということのみ。。

    結果、大きな失敗はなくとも、特に大きな成功をするわけでもなく、
    割と普段通りの点数、という感じ。
    結果的に進学した大学は、それまで検討していた大学ではなく、
    センター試験の結果と照らし合わせてたまたまA判定が出ていたので、
    じゃあここなら受かるかな、程度の選択でした。
    (実はそれまで大学の存在すらほぼ知らなかったという…)

    しかも後期合格だしね。。

    ま、色々な思いがあったセンター試験だったわけです。



    今年は奇しくも天候には恵まれなかったですが、
    受験生のみなさんのご健闘ぶりをお祈り申し上げます。



    さて、キャリアの観点で見た際、就活生のみなさんでも、
    今までに既に色々な節目を経験し、選択肢を通過しているわけなんですよね。

    思い付きで考えると…義務教育と呼ばれる、割と横並びの道筋を通った後。

    1つ目は高校受験。
    2つ目に高校の文理へのコース分け。
    3つ目に大学受験。
    そして、4つ目にあたるのが就職活動かなと思います。

    どの高校へ行くかにより、その後の進学や就職には多少なりとも影響はありますよね。
    そして、文系に進むか理系に進むか。
    もちろん、ゆくゆくの大学進学を検討する場合などでは受験科目も異なりますし、
    専門的に就きたい学問の道も多少縛られてきます。
    (医学に携わりたいなら、文系からでは結構しんどいかな、的なやつね)

    センター試験もそうですよね。
    高校卒業にあたり、進学か就職か、進学を希望するに当たっては
    乗り越えていかねばならない難関の1つかな、と。

    もちろん、どの大学に行くかも大切ですが、
    何を学ぶか、これによってその後に影響することは考えられます。

    語弊がないように追記すると、
    「この高校に行ったから」
    「文系(もしくは理系)を選んだから」
    そして
    「この大学でこの学問を学んでいるから」
    といって、
    その後のコースが決まっているわけではありません。
    自分の思いや努力次第で、若い皆さんであれば、何度でもやり直しはきく、はず。

    でも、これまでのご自身の軌跡により、
    その後想定される職業などが現時点で少し絞られてきているのも事実かと思います。

    理想を言えば、
    「こんな職業に就きたい!だから、これを学ぼう!」
    とこれまでの道筋を選べていたケース。
    自分自身の「こうなりたい!」という思いは、何にも代えがたい原動力です。

    そしてこの場合は、就活においても大きく迷うことなく、
    ある程度絞れている中で自分の希望を探れば良いのかも。

    逆に、なんとなくで今に至ってしまう人は、
    ここにきて悩んでいるかもしれませんね。

    僕自身も経済学部経営学科にいたので、
    学部や学科による「こんな業界が合いそうだ」はほぼ皆無。
    というか、文系職種であれば一番どこにでも行きやすい学部ではあったと思う。

    ということは、自分で絞っていく必要があるという言い方もできる。
    絞っていく必要がある、なら聞こえはいいけど、
    絞らなければいけない、というのが実態ですよね。

    でも、強くお伝えしたいことの1つとして、『悩むなら今』だと言えます。
    色々な可能性はいつでも探れると思いますが、
    社会人としての1社目は、良くも悪くも自分自身の『働く』というベースになります。

    日々、忙しいとは思いますが、
    悩むなら今。
    悩めるのも、今。
    じっくり悩んで、自分自身と向き合ってみてくださいね。

    長くなりました。

    みなさんは、まさにまた大きな節目を迎えるにあたり、
    その先が決まる分岐点に立っているわけです。
    どの道に進もうとも正解は無いわけですが、
    その後、自分の生き方を肯定できるような、
    自分に納得のできるような選択をしてもらいたいですね。






    はい、センター試験から引っ張りすぎました。
    また気持ちよーく持論を延々と書き綴ってしまう悪い癖。
    一応、反省はしてますので。。
    就活アドバイス | 2017.01.16 18:27
  • イベントにて

    どうおん
    年末にJJC主催で「業界・企業研究イベント」を実施しました。

    ブースの前に座る学生の皆さんが何だか羨ましかったです。


    なぜならば・・・

     ブースに座れば、分かりやすく自社のことを説明してくださるから。


    世の中は、まだまだ知らないことだらけ、ですね。

    誰かが働いているから、生活できている、
    当たり前の背景に誰かの仕事がある、

    想像すると途方もなくなりますが、何だか「夢」や「ロマン」を感じてしまいました。


    知らなかったことを知るのは、楽しい。
    分からなかったことが分かるようになるのは、楽しい。


    何だか得した気分になりました。


    2017年は、どれだけ『得した気分』になれるか、楽しみです!


    今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
    フリーテーマ | 2017.01.10 19:57

ページトップ