MENU

スタッフBlog ぽくぽくりくりく

  • 日頃の行い

    たにうち
    どーも金曜日担当のたにうちです。

    金曜日担当ですが、謎の胃腸炎に侵され月曜日更新になっておりますが、気にしないで下さい。
    (会社という組織の中では当然怒られますので、締切はしっかり守りましょう。)

    さて、胃腸炎になった原因を辿ってみたところ、、

    仕事前のサーフィン、日頃の暴飲暴食、ストレス(はない)、風邪、etc・・・


    金曜日の朝、いつも通り仕事前にとある河口でサーフィンを嗜み、
    昼は大盛りをがっつり食べ、夕方頃、、い、胃が痛すぎる!!

    死ぬ思いので定時まで仕事をやりきり、帰宅。。

    嫁に助けてくれとしがみつく。


    「好き勝手やってんだからしょうがないでしょ!」

    「えっ?」


    死にかけている人間に発せられるまさかの言葉。


    日頃の行いって、周りの人は見ています。

    自分がどんなに頑張っていると思っていても

    周りの評価がその程度であればその程度なのです。


    頑張った気になってはいないだろうか。

    自分だけ苦しいと思ってないだろうか。


    自分を見つめなおした金曜日。

    フリーテーマ | 2016.11.21 09:16
  • UIターン

    どうおん
    先週末、東京に富山・石川・福井へのUIターン促進に行ってきました。

    そこで出てきた学生の皆さんの質問(一部)を、私なりにお答えします。

    • -----------------------------------------------------------------------------
    ■Q1. 出身は北陸。 東京で働きたいのですが、将来はUターンしたい。

       どんな働き方がありますか?(ちなみに文系です。)


    ■A1. 北陸は、製造業が比較的多いエリア。

    「それじゃ技術系だけでしょ」そんなことは無いと思います!

    製造拠点が北陸でも、営業部門などは、東名阪にある企業が多数あります。

    中には、北陸に本社を持ち、東京などに本社を置く2本社制の企業も。

    そうすると、「営業職」はもちろん、狭き門かもしれませんが、
    「総務人事、経理、広報、経営企画」などの管理系の職種を東京で募集しているケースがあります。

    もちろん将来Uターンできるかどうかは、各社の事情に拠るところ。そこは確認が必要ですね。

    選択肢の一つとして、お考えになっても良いのではないでしょうか。

    • -----------------------------------------------------------------------------
    ■Q2. 出身は北陸。地元に絞って就活するか、こちらでも並行して就活するか迷っています。

         Uターン学生の方が地元就職に有利などはありますか?



    ■A2. うーん、有利・不利は、正直、分かりません。

    しかしながら、勤務地に県外が含まれる企業のなかには、

    「地元を離れたくないっ」といった強いこだわりがない

    と捉えている企業もあるように感じます。

    そういった視点で見ると有利とも言えるかもしれません。

    ただ、情報を得づらいという点では不利とも言えますね。

    まずは、地元にどんな企業があるのかを知り、各企業がどのような考え方で、
    将来どのような働き方になるのか、きちんと確認していくことをオススメします。

    • -----------------------------------------------------------------------------
    ■Q3. 東京出身。

        自立したいので、地方就職も選択肢の一つです。どんな働き方がありますか?



    ■A3. 北陸には、製造業などのBtoB企業はもちろん、建築や小売業などのBtoC企業もたくさんあります。

    全国転勤のある東京本社の企業で転勤族として、働くのも一つの選択肢ですね。

    ただ、諸先輩方のお話しを聞くと、将来、家族が出来たり、増えたり、何か転機があった時、
    どこか1ヵ所に留まりたくなる方も多くいらっしゃるようです。

    ご自身が興味のある業界や企業、あるいは地域など、何か一つ大切にするものを絞り、
    そこから将来の勤務地も含めてご検討されるのはいかがでしょうか。

    ちなみに、北陸には、おすすめしたい企業がたくさんあります。暮らしやすさにも太鼓判を押しますよ。

    • -----------------------------------------------------------------------------

    富山・石川・福井へのUIターンを検討されている方、

    ぜひ『12/3業界研究会@神楽坂』または『12/4業界研究会@梅田』へお越しください。

    北陸を代表する企業の方が、就活に関するリアルや北陸事情などを、パネルディスカッションなどを通して語ります。

    申込は、ここから↓

    〇12/3(土) ほくりく業界研究会in東京
    https://www.jjc-net.com/2018/event_info/gyokai_kenkyu_in_tokyo.html

    〇12/4(日) ほくりく業界研究会in大阪
    https://www.jjc-net.com/2018/event_info/gyokai_kenkyu_in_osaka.html


    お友達も誘って、まずはいろんな話を聞くことから始めよう!

    フリーテーマ | 2016.11.14 19:53
  • 「いい会社に入りたいんですっ」

    たけうち
    JJCでは、学生さんから依頼があれば、
    直接「この企業様をご紹介します」という、マッチングも行っております。

    先日お会いした大学4年生の女の子。

    残念ながら公務員試験がうまくいかず、
    気持ちを切り替えてどうにか在学中に内定まで辿り着きたいと
    藁にも縋る思いでご相談に来られました。

    お話を聞いている中で、頻繁にご本人より発せられたキーワード。

     「とにかくいい会社に入りたいんです」

    うんうん、ま、そりゃそうだよね。

    では、そもそもあなたの思う「いい会社」の定義って何でしょう?

    JJCからの目線で言えば、それぞれの会社に対し、
    良い会社だとか悪い会社だという解釈はできませんし、しません。
    なぜなら、その基準や価値観は、その人ぞれぞれによって異なるからなんですよね。

    例えば、『とにかく自分自身が成長できる環境を求めたい』と強く思う人であれば、
    若いうちから責任の伴う仕事に関わることができたり、自分自身の裁量権で
    物事の意思決定が必要なことができそうな会社が、その人にとっていい会社なのかなと。
    もちろん、残業時間や給与、会社の福利厚生が十分かどうかは一旦置いておいて、という話。

    逆に、『残業などはあまりなく、お休みも多くて、とにかくプライベートを充実させたい』と
    切に願う人から見れば、仕事は単調で、与えられたことだけをすればいいという環境であったとしても、
    しっかり自分の時間が確保される会社が、いい会社だと言えるのでしょう。

    一般的に『大手』と言われる会社であったとしても、どの切り口、どの観点で見るかによっては
    「良い会社だね」と思う人もいれば、「それはあんまりだね」という意見があっても仕方ないのかなと思います。

    結論は、「それを決めるのは自分だ」ということ。

    (注)就活において、ご両親の意見は大切だとは思いますが、
       実際仕事をするのは自分自身ですからね。

    ここで登場した学生さんは、公務員試験に絞っていたがために、早い段階から

    ・世の中には、どんな会社があるんだろう

    という、いわゆる業界研究や企業研究の機会が乏しかったのは指摘できます。

    みなさんにお伝えしたいこととしては、例え公務員志望であったとしても、
    色々な機会を通じて、色々な会社を知るということは
    とっても大切なんじゃないかなぁなんて思っています。

    それが就活という機会でもありますしね。

     『今まで自分が知らなかった、新しいことを知る』
     『今まで出逢うこともなかった人や企業に、出逢う』

    ということが楽しいと感じることができれば、
    就活はきっと楽しい。




    さ、がんばろね。
    フリーテーマ | 2016.11.14 08:28
  • シックスセンス

    たにうち
    どーもみなさん、金曜日担当のたにうちです。

    【第六感/シックスセンス】
    誰もが持って生まれた能力のすべて 人は五感以外に六感目(シックスセンス)があるという。
    第六感とは、基本的に五感以外のもので五感を超えるものを指しており、
    理屈では説明しがたい鋭くものごとの本質をつかむ心の働きのことである。

    今日のお昼ご飯は小矢部のアウトレットで「麺やつくし」の辛味噌ラーメン大盛りを食べてきました。

    まずはこんもりと上に盛られたもやしからやっつけよう。

    僕は上にこんもりと盛られたもやしをやっつけ始めた。

    そっ、その時!!

    僕は気付いた。

    もやしのひげと見せかけて、、

    「毛」が入っている。

    それをそっと引き抜き、再確認。

    まさにそれは「毛」だった。


    話しを元に戻そう。

    これは自分の知らない力、自分の防衛本能が自分の力を超えて発揮された瞬間、

    そう、シックスセンス。


    何となく、「毛」の気配をラーメンに感じた僕。

    何となく、受けた会社に期待感又は不安を覚えた君。

    何となく、日ごろ感じる違和感。


    努力も勉強も才能も機能しない世界、、シックスセンス。


    自分の感覚を鋭く、自分に合った仕事を見つけよう。

    本質はどこにある?






    就活アドバイス | 2016.11.11 17:09
  • 仕事の質

    どうおん
    突然ですが・・・

    わたしは仕事をしている人が大好きです。



    例えば、いつもお世話になっているコンビニの店員さん(それなりに顔なじみ)。

    〇Aさんは、お客様が多いお昼時「温められますよね?」と質問。

    〇Bさんは、「温めは無しで…?」と質問。

    私の場合、世の中の多くの方が温めを希望する商品を買う時も、
    いつも「温めは無し」で、お願いしています。

    (どちらかと言えば、個人的には、Bさんの声掛けの方が嬉しいのですが、)

    どちらの方に対しても

    『あー、この人、ちゃんと仕事してるなぁ。。』

    と感じます。


    なぜならば、どちらの方も混み合っている店内で、急いでいる方もいらっしゃる中で、
    お客様のことを、きちんと考えて、質問されていると感じるからです。


    例えば、いつもお世話になっている スーパーのおっちゃん。
    例えば、いつもお世話になっている クリーニング店のお姉さま。
    例えば、いつもお世話になっている 美容院の姉さん。
    例えば、いつもお世話になっている ガソリンスタンドのお兄さん。
    例えば、たまに乗った タクシーの運転手のおじさん。
    例えば、、、、 挙げだすときりがありません。


    いずれも大きく分類するとサービス業と呼ばれる業界の皆さまですから、
    お客様のことを考えて、サービス(付加価値)を提供し、対価を得ていらっしゃる方々です。

    当たり前と言えば、当たり前のことかもしれません。(その対価が給与になるわけですから)

    それでもそこには、これからいくらロボットが普及したとしても、
    人間でしか提供できない付加価値があるように思えるのです。


    いやいや待てよ。

    サービス業に限らず、製造業でも卸売業でも農業や漁業でも、
    学校の先生や小説家やサッカー選手でも、これは変わらないかもしれません。

    業界や職種、フィールドが変わっても、
    「価値」の形や種類が違うだけで、何かの「価値」を提供することが対価になることはきっと変わりませんね。



    仕事の質を決めるのは、結局、その人自身だと思います。(なんとなくやるのか、きちんとやるのか)

    些細なことでも、きちんと良い仕事をする人が私は大好きです。

    その人たちに直接「ありがとう」と心を込めて伝えることは、めったにしませんが、
    代わりに、そんな場所には、なるべく通うようにしています。

    そして「良い仕事をしよう」と心の中で励みに思うのです。(そして内省します)


    さて、明日も良い仕事をしよう。

    フリーテーマ | 2016.11.08 19:14

ページトップ