MENU

繊維・アパレル, 化学・薬品

この会社にエントリー

東レ株式会社 石川工場

石川県能美市北市町リ1

連絡先:総務課 西道
TEL 0761-51-7501

会社WEBサイト
https://www.toray.co.jp/
更新情報
jjc-netにてエントリー受付中です
ひとことPR
東レは、「新しい価値の創造を通じて社会に貢献します」という企業理念のもと、ファッション用途から航空・宇宙用途まで、ありとあらゆる製品の「素(もと)」となる革新的な素材を生みだしてきた総合素材メーカーです。

会社概要

東レ株式会社 石川工場

現在、長期経営ビジョン“AP-Growth TORAY 2020”を掲げ、グローバルな事業拡大を一層推進するとともに、地球環境問題や資源・エネルギー問題の解決に貢献できるグリーンイノベーション事業の拡大に力を入れています。

石川工場においては東レの主力製品である合成繊維(ポリエステル、ナイロン)と、当社が世界シェアNo.1を誇り、ボーイング787を代表とする航空機用途や、スポーツ用途、パソコン筐体にも使われている先端材料「炭素繊維複合材料(プリプレグ)」の生産拠点となっており、先端素材とグリーンイノベーションの拠点工場として深化・発展しています。

会社紹介 東レは、ファッション用途から航空・宇宙用途まで、ありとあらゆる製品の「素(もと)」となる素材を提供している総合素材メーカーです。

■【素材には、社会を変える力がある。】
地球温暖化や化石燃料・エネルギーの枯渇、世界的な人口増加に伴う水資源の不足、高齢化社会の到来…等々。世界は今大きな歴史の転換点を迎えています。こうした世界規模の問題を本質的に解決していくためには、製品の上流である素材からの発想の転換が求められます。素材が変わらなければ、モノを変えることはできません。たとえば、旅客機の大幅な省エネをもたらし、効率の良い中型機で世界を自在に行き来できる時代を可能にしたのは、丈夫で軽い炭素繊維の開発でした。新興国での水需要に応える海水の淡水化の要となっているのは逆浸透膜の技術です。また、太陽光や風力などの再生可能エネルギーや、エネルギー効率が高く環境汚染物質の排出が少ない燃料電池の開発など、これからの新エネルギー拡大の鍵を握っているのも素材の革新です。

■【Innovation by Chemistry】
東レは1926年の創業以来、有機合成化学、高分子化学、バイオテクノロジー、ナノテクノロジーの4つのコア技術を駆使し、さまざまな新素材を世に送り出し、社会の発展に貢献してきました。提供している製品は、衣料品やインテリア製品、家電製品やエレクトロニクス製品、自動車や航空機などの素材・部材、医薬品・医療機器、水処理用機能膜など、社会の多くの場面で人々の暮らしを支えています。私たちは素材産業のリーディングカンパニーとして、継続的な技術開発により、最終製品に革新をもたらす新素材の開発を進めています。新たな素材が生まれることで、世の中を変えるソリューションが可能になる。人類が抱える地球規模の課題も解決できる。まさに「素材には、社会を変える力がある。」そうした信念と気概をもち、あらゆる領域における"Innovation"に取り組んでいるのです。
事業内容 東レ株式会社は、コア技術(有機合成化学、高分子化学、バイオテクノロジー、ナノテクノロジー)を価値創造の源泉として、5つの事業を世界26カ国・地域で展開しています。

・長い歴史を持ち、確固たる地位を誇る
 「繊維事業」
 「機能化成品事業」
・東レグループの収益成長を牽引する
 「炭素繊維複合材料事業」
・将来的な収益拡大の柱となるよう事業拡大を図る
 「環境・エンジニアリング事業」
 「ライフサイエンス事業」

東レでは、これら5つの事業をグローバルに展開しています。

石川工場では以下の製品を製造しています。
【繊維事業】ナイロン・ポリエステル糸
【炭素繊維複合材料事業】炭素繊維複合材料
設立 1926年1月(大正15年)
代表者 代表取締役社長 日覺 昭廣(にっかく あきひろ)
資本金 1,479億円
業績 連結売上高   23,888億円
連結営業利益    1,415億円
<2018年度>
従業員数 東   レ : 7,585人 (うち石川工場:331名)
国内関係会社: 10,563人
海外関係会社: 30,172人
合  計 : 48,320人
<2019年3月末時点>
関係会社 275社(国内101社、海外174社)
<東レグループ連結決算対象:2019年3月末時点>
企業理念 わたしたちは新しい価値の創造を通じて社会に貢献します

この会社にエントリー

ページトップ